火華

.

芸術とは

良い文章について、考えたことがあります。
何故なら、出来るとしたら、私は密かに、小説家になりたいと思っているからです。

私は小説家になるに当たってこの上なく肝心なのが「感性」だと思っていました。目に見えない変化を敏感に読み取ること、それを自分の中で繰り返し噛み締め、隠れている真実をおびき出そうとする理想主義者になりきることが、小説家への第一歩だと思いました。そして、それらはたまたま私に備わっていて、自分の才能を生かすべきだという妥当な結論を見出したのです。将来はそういうやり方で「決める」ことだと思っています。