火華

.

虫愛

バイトのある日は、大体夜11時過ぎで家に着きます。仕事は平均的に9時30分で終わりますが、その後は彼女を待たなければなりません。出勤日、退勤時間が被る上に彼女の仕事場はすぐ近くですから、別に約束をしたわけではないのですが、とにかく一緒に帰ることになっています。

そうはいっても、一時間あまりの時間を待たされのはさすがに辛くないかと思う方もいるかもしれません。僕は仕事の疲れを彼女と帰ることである程度和らげていますし、生まれながら、待つという行為を苛だたしいとか思ったことは一度もないのですから、決してそれを苦として捉えてはないのです。ただ、その間をどういう風に過ごせば為になるのかと考えたりしています。おおむね本を読んだり、音楽を聞いたり、単語を覚えたりしています。

 

正面は車が走っていて、その車道向こうのしゃれているジュエリー系お店のギリシャー風の、素材は知らないがブロンズなのか銅なのか、とにかくそのような色の像の頭(人に見える)に乗っている時計をチラチラと見ながら、

いつもと同じく彼女の仕事場の降ろされたシャッターにもたれ、文庫本を読んでいました。営業時間は9時までですから、とうに閉まっていて、残業として棚整理、補充などでもやっているのでしょう。いつも僕より、もっと大変な仕事を、もっと長い時間やっている彼女には申し訳ないばかりです。ありがとうな!

 

歩道と車道のちょうど境目ぐらいに排水口があって、僕は割とそういうものに敏感らしく、そこから登ってくるネズミやらゴキブリやらを結構な確率で目にすることがあります。ネズミは可愛いと思うですが、男という肩書きが恥ずかしくなるほど虫には弱いので、正直そうやって頻繁に顔を合わせるのは遠慮してもらいたいです。せめて、横断歩道向こうから手を振ることで妥協したらいかがかと思います。

 

昨日は二匹のゴキブリが登ってきました。出るやいなや、人混みの中で、踏まれないように必死にあっちこっち這い回っている姿は、まるで今までの自分に、似たような気がして、少し心が痛みます。親子なのでしょうか。サイズはこの距離でもパッと把握できるぐらいの違いです。その時、何故かは知りませんが妙な好奇心が湧き始めました。そのゴキブリたちを観察して見たくなったのです。ちょうど横断歩道の間隔程度離れてますから、怖くはありません。そんなことを考えるうちに、早くも親のゴキブリが踏まれたらしく、はばはひろくなって動かなくなりました。それから、息子ゴキブリも親ゴキブリの傍に座って、じっとして動かなくなりました。まるで死んだ親の悲しんで、嘆いたりするかのように。この場面ではさすがに、涙をこらえることに注意を払わない訳にはいきませんでした。そのままで10分が経って、15分近く経ったでしょうか。不思議なことにその無数の足たちが行き来する間、蹴られたり、踏まれたりすることはありませんでした。まるで息子のゴキブリの切実な思いが天にも届き、この祈りの瞬間は誰にも邪魔させないよう守られているみたいでした。実に厳かな雰囲気がゴキブリのの周りを包んでいるような気がします。それから間も無く、その力もそろそろ尽きたらしく、息子のゴキブリも蹴られ、踏まれた挙句死を迎えましたが、親に対する思いは僕に比べられないほどの厚さだったのではないかと思いました。

僕は両親を愛していません。悲しいことにおそらく、向こうは僕を愛しているはずです。もちろん推測にすぎませんが。

人間は精神というものがあって物事を思考することが出来るといいます。そして理性で本能を抑えることが出来ると言われています。だから親子の関係が片思いであることは大いにありうることです。それとは逆に、動物は思考が出来ない、或いは人間に比べてそれほど高度の思考が出来ない、本能のまま生きるなどと言われています。本当のことは、まだ誰も知らないと思いますが。なので親子の絶対的な愛の方が、逆にありうることかもしれません。(人間の愛と同じではないとは思いますが)親の立場として、子に嫌われるのは非常に辛いことだと思います。無論仕方ないことだとも思います。ただ僕が両親の悲しむという事をよく認識していてそれを感じ取ることは出来ることだと思います。もし両親、とりわけ母の場合は、人間ではない動物に生まれていたら、それについては悲しまなくて済んだのではないかと、ふと思い至っただけです。もし、僕を自分の全てを捧げてもいいほど愛していているならの話ですが、

だから僕は親になるのが怖いのです。子に嫌われるのは想像より辛いのではないかと思うからです。

だから、世の中全ての親達に感謝しています。そして尊敬しています。何が正しいのか、そういうのはさて置いてです。

 

 感謝する理由はここではいいませんが

ただ親であることに感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女と僕はバイトの日が殆ど被ります。僕の方が約一時間早く終わるので彼女を待つ間にその時間分の空き時間が