火華

.

気取る

今日も彼女と映画を見ました。森見登美彦原作の夜は短し歩けよ乙女です。待ちに待ったとは言えないまでも、結構期待していた映画でした。なぜなら前作の(アニメ)四畳半神話体系を面白く見たと覚えていたからです。

 映画が始まりました。監督が同じなだけあってスタイルも全く同じだなーと思われます。

 そこで不思議な点が一つあります。面白いと感じたのは確かですが、なぜ面白いと感じたのか全く見当がつきません。抽象的すぎる難解な演出が終わるまで続く中、新鮮だ。と思う反面どこが新鮮だと感じたのか説明ができない自分がいます。そこで自分の知識の乏しさを感じました。あの演出はただ気取ってるだけのものではない、とおぼろげに感じるのはできましたがそれの正体が見えないのが悔しいばかりでした。

エンディングクレジットが上がりました。やっぱり凄い、面白いと感嘆の声が聞こえます。僕は素直に相槌を打てません。その瞬間、自分は心の中で、「本当にどこが面白いのか言える人いるの?」「何が凄いんだよ。」「俺は素直に分からないって言ってるんだぜ。」

その後、ふと気づくのです。「俺自身こそが気取ってるんじゃないか、」と

 

自分は自分を低く見ながらも心のどこかでどこか特別だと思い込んでたのではないでしょうか。ただ気取ってるだけなのです。

 

森見登美彦さん、ありがとうございます。

自分のレベルの底を再び知らされました。

実はとっくに知っていました。

気取ってるだけですよね。先生