火華

.

なんでもいいから

書くことに対してここまで惹かれたことはありません。無論、書くと言う行為にひかれるのか、書いている自分に憧れているのか、書き続けた結果として所謂「書ける」自分に会いたいと言うことなのかよく分かりませんが、そんなことどうでもいい、と思うこと。そしてただひたすら書き続ける。と言うことが何より大事だと気づきました。本を読むことから、書く事に。そして「書ける」と言うことを盾にして食っていけるのは極少数の人間だと言うことは言うまでもなくよく知っています。それに私は外人なんです。難しいと言う事で表現できないほどの難易度が待っているのです。ここまで来てしまった経緯はともかくとして、今日から僕は書いてみようと思います。大事だと思うことは考えることより行動として示すべきです。

頑張ります。拙い日本語ですが頑張ります。