読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火華

.

快刀乱麻

縺れて、ごちゃごちゃになっている脳味噌を 快刀乱麻を断つようにぶっちぎってほしい。 出来るとしたら物の見事に、あの世に行ってしまうのが本当の皆の願いに違いない。 恥ずかしがり屋だからね。

無神経

「お前は誰にも嫌われてないよ!!俺が保証するぜ。」 圭はまるで遊園地のど真ん中で、しゃがみこんで歩こうとしない子供を慰めようとする父親のような目つきで、はぁーと息を整った後言った。あまりにも無神経な言葉遣いで、驚くばかりか呆れてしまう。「嫌…

名前

自分の名前の意味をどうして今迄気づいてくれなかったのか、凄く悔しい。虚弱な私は誰かに支えてもらわない限り、一方の脚を持ち上げることさえも大変な苦痛になるだけです。 何かに支えられたがってました。子供の頃、自分は孤独でした。居場所が欲しかった…

好き

私が初めてOOOしたのは、小学校4年生の頃である。男にとって一大事の経験であることを納得してくれるだろうか。それは運命にしかいいようがなく、そのきっかけは突発的に訪れる初恋のような物で、だから「早い!」と言われても困るのだ。 「初」というものは…

後ろの人に

学校にいると、近頃は取り留めのない雑念にとりつかれるばかりです。一層殺されると助かるかも知れません。

自分探し

いつの間にか彼女でない人間と対面しているととても胸が苦しくなります。けれども私はたまらないこの感情を大切にしなければならない。そう、直感してしまいます。

彼女のこと

私が大切にしているのは2つあります。私と彼女です。それからそのうち最も大事なのは彼女です。彼女が私を生かせるのです。私は見ての通りダメ人間です。社会に溶け込むなどできません。自分であることが毒なのです。絶望だらけの、今までもそうであったよう…

私の全てを全力で肯定します

私の全てを肯定する。 無知を誇ります。不安を誇ります 無知だからこそ得られるものがあるからです。 不安だから考えることができるのです。 等等 それはなぜか誰もが否定しているのですから だからこそ私は肯定します。 無知から得られる知的な喜びは私を痺…

明用

私が恨んでいるのは私ではありません。その代わりに私以外の全てを恨みます。神を恨みます。両親を恨みます。今まで出会った人々を恨みます。決して自分自身には向けられないその恨みを持ち続けるのは楽とは言えませんが、宗教が必要とされるように私にそう…

死にたい

死にたいと言い始めたのは、小学校5年生からです。死にたいという人が本当に死にたくて死にたいと言うのではないように、私ももれなく死にたくないです。死にたいと言う選択肢にただただ気づいた。それだけの話です。死にたい死にたい死にたい死にたいと今迄…

人間関係、選択、世間、私

楽しいというものは相対的なので、人によって違ってくるものなんですが、僕は自分の行動にあれこれ考えずにただ夢中になれた時に楽しかったと感じています。その意味で一番楽しかった時期は小学校4年生までのことで、それ以来は楽しいと感じたことはありませ…

気取る

今日も彼女と映画を見ました。森見登美彦原作の夜は短し歩けよ乙女です。待ちに待ったとは言えないまでも、結構期待していた映画でした。なぜなら前作の(アニメ)四畳半神話体系を面白く見たと覚えていたからです。 映画が始まりました。監督が同じなだけあっ…

K

今年は留学してから2年目なります。今は大学生になってわりと忙しく過ごしています。去年はK日本語学校を通っていました。そこで1年間勉強をして大学に入学したわけです。 今振り返ってみると、自分はあまりいい学生ではありませんでした。僕はどうも人間関…

なんでもいいから

書くことに対してここまで惹かれたことはありません。無論、書くと言う行為にひかれるのか、書いている自分に憧れているのか、書き続けた結果として所謂「書ける」自分に会いたいと言うことなのかよく分かりませんが、そんなことどうでもいい、と思うこと。…